私スーサンの一期一会
・Oportunidad de una vez-en-un-vida
・Once-in-a-lifetime chance
一生に一度限りの出会いの機会かもしれませんが、(ほんの一瞬でも)ご縁があった方々を、
思い出せる範囲でピックアップ。  出会いと皆様に感謝!  by すずき
back to Home

順不同、敬称略
VIP  政治家  学者  相撲  絵画・彫刻  作家   ジャーナリスト   俳優  音楽   料理・食文化   TV  建築   デザイン  工芸/匠   ファッション 
人間国宝   伝統芸能   冒険家   スポーツ   舞踊      占い   国際交流   その他   その他老舗ブランド
  
   
  ■VIP(王室・皇室)
   ↑ click the photo
ファンカルロス
 スペイン国王
スペイン国旗
ブルボン王朝。 結構日本びいきなんです。 日本製マジックインク、サングラス、NIKONカメラの愛好者であり、空手への造詣も深い。  
2007年、スペイン文化圏国際会議での席上、南米のある大統領を一喝した言葉「黙れ!」の
着メロが大ブレークしたそうです。2008.nov. 2回目の国賓 来日。非公式も含めると7回目。最初の来日は新婚旅行。 2014年退位。フアン・カルロス1世の在位期間は39年。  
ソフィア王妃 スペイン国旗  () ギリシャ王家出身。マドリードに国立ソフィア王妃芸術センター(美術館 -代表作品は世界的に注目を浴びているピカソの「ゲルニカ」 )があります。
フェリペ皇太子 スペイン国旗 スポーツマン。背が約2mと高いので、見上げて話しました。 日本の皇太子と親密。
2014年、 フェリペ6世(King Felipe VI)として新国王に即位。
エレナ王女 スペイン国旗 地味だが芯はしっかりという印象でした。 日本との関係において、彼女は、大きな橋渡しをしました。 平成のプリンセス”雅子さま”の皇室との出会いのきっかけは、エレナ王女の東宮御所での歓迎茶会だったから。
クリスティーナ王女 スペイン国旗 スポーツマン(写真の右端の方)と結婚。
三笠宮 寛仁 親王殿下 出会いは 神戸ポートピアホテル
共通点があると殿下から言われました。
高円宮 憲仁親王殿下
            久子 妃殿下
お話好き/社交的な、妃殿下。 サッカー協会名誉総裁でもある。
お話したことは何回かありますが、気さくな方でサッカーの話まで入れば24時間マラソン?

2020年東京オリンピック誘致活動において大活躍。 2014年ブラジルW杯現地へ。
  ■政治家   
Felipe González 出会いは六本木
スペイン首相 (1982 - 1996)
加藤 六月 農林大臣(当時)。 出会いは 赤坂プリンスHの個室で。
このようなところで、密室政治が繰り広げられるのか、と妄想しながら内心どきどき(笑)
熊谷 弘     出会いは浜松・コンコルドホテル
官房長官・通産大臣歴任。 
河野 洋平
(こうの ようへい)
出会いは ANA インターコンチネンタルのパーティーで。
日本憲政史上最長の衆議院議長。
野呂田 芳成
(ノロタ ホウセイ)

農林水産大臣・防衛庁長官
大久保 直彦
(おおくぼ なおひこ)

元公明党書記長、衆議院議員、参議院議員
  ■学者
高祖 敏明   出会いは東京・四谷
学校法人上智学院理事長、上智短期大学長。  上智大学・・・当時のローマ教皇ピオ10世の命を受け、イエズス会によって1913年に創立。その根源は16世紀に誕生したイエズス会の創立メンバーのひとり、聖フランシスコ・ザビエル(スペイン人)の志に遡る。1549年に来日したザビエルは、日本人が知的好奇心を持ち、理性的で道徳性も高いことに感銘を受け、「ミヤコに大学」を設けて、東西の文化・思想・宗教的交流の一大拠点にする構想を立てたことに始まる。近年、カンボジアのアンコール遺跡群の調査・修復でも多大なる貢献。
金田一 春彦 苗字で即おわかりでしょう、国語学者。
出会いは友人主催の屋外パーティー。 愉快で楽しい先生。 寛ろぎの空間の下、随分お話ししましたが、終始TVで見たまんまの笑顔でした。
須部 宗生 大学教授。公私ともに長きに渡りお世話になった先輩。そのお陰か、共同執筆した、研究社の英語活用大辞典 を有無を言わさず買わされました (o^<^)o  
2008年には新和英大辞典・プラス 出版。
専門分野=英語語法  研究テーマ= 日英表現比較
大学院時代は、のこぎりバイオリンに凝り、その後、ハンティング(彼の獲物が未だ我が家に鎮座)、釣り と本業の研究以外にもエネルギーを注ぐ。 マジ、 My Way の人。

現在は「オンライン辞書」の作成に取り組んでいるらしい。 また、早稲田大学でも教鞭をとるようになったようです。
カタカナ英語&和製英語に関する抜粋記事はこちら

アブレウ博士 
Dr. Jose Antonio ABREU
経済学の博士。元文化大臣。 国立ベネズエラ青少年児童交響楽団システム財団(FESNOJIV)を創設。貧困層の多い一般家庭の子供たちに楽器を貸与し、全国各地にユースオーケストラを組織。 当初11人から始まり、現在30万人を上回る。この音楽活動が、子供たちが犯罪に関わることを防ぎベネズエラ社会の発展に大きく寄与しているとして、ベネズエラ政府も活動を支援。1998年ユネスコ親善大使、2006年高松宮殿下記念世界文化賞、2007年旭日大綬章受章。他、各国政府からの受章も多数。

出会いに感謝!
   
根本敬教授
   根本 敬(ねもと けい) 出会いは東京・四谷
ミャンマー/ビルマ研究の第一人者。上智大学総合グローバル学部教授。専攻、ビルマ近現代史。  
上智大学アジア文化研究所主催の”旅するアジア”講演会 「映画で繋がる日本とビルマ」
   
  清水憲男(しみず・のりお)
清水憲男 著書
上智大学名誉教授。スペイン王立アカデミー客員。
上智大学大学院修士を経て、マドリード(Complutense)大学より文学博士号取得。上智大学教授、サラマンカ大学客員教授、早稲田大学教授を経て退任。
  ■相撲
尾車 親方

最初の出会いは東京・清澄。
元大関琴風。 NHKの相撲解説でご存知の方も多いでしょう。TVで見るのと同じ、いつもスマイル。但し、稽古の時の顔は厳しかった・・  ちゃんこ鍋ご馳走になりました〜
尾車部屋の早朝稽古を見学させて頂いたことがあります。その折、親方直伝の貴重なお話を聞くことができましたので、印象に残った点を幾つか。
・相撲には1300年の歴史有り。
・日本の相撲が外国のスポーツと根源において相違する点は、庶民の神事として発展してしてきたこと。
・ちゃんこ鍋の”ちゃんこ”の、”ちゃん”は、親、”こ”は、子。な〜るほど、目から鱗でしょ!
・取り組みの後、勝った力士が懸賞金をもらう瞬間の手の動作は、3方の神に感謝の意から。
・年に3回、土俵の土を掘り起こし、整備する。土の総重量は50t。 で茨城産。
・立会い、ぶつかる時のスピードは120km。約1t。の衝撃とのこと。
  ■絵画・彫刻・ほか
岡本 太郎
”芸術は爆発だ”は、けだし名言。 大壁画、35年ぶりにメキシコで発見。先生とは、しばしワイン談義、そしてメキシコのお話し。
緒方 良信 イタリア在住彫刻家。世界数カ国に作品展示。キャラもインターナショナルです。 写真は'08北京オリンピック会場があるオリンピック彫刻公園に設置された大作。

イタリアのご自宅ではお世話になりました〜
外尾 悦郎スペイン国旗  サグラダ・ファミリア主任彫刻家。ネスカフェのCMで全国的に知られたかも。
2008年・・ガウディの代表作である、サグラダ・ファミリア教会の彫刻を手がけて30年の節目に、日本の外務省表彰を受ける。 人工的な直線を嫌い、自然との調和を求めたガウディの感性は、日本人の感性とも共通するという。
イシイタカシ スペイン国旗
画家。 南スペインの人口わずか40人の”幸福の白い村”で創作活動に励みながら田舎暮らしを実践。 今風に言えば、LOHAS的ライフスタイルの先駆者でしょう。 食材の知識も豊富。
スペイン・グラナダ県の村の親善大使、千葉県館山市のふるさと大使。
堀越 千秋 スペイン国旗   最初の出会いはマドリード。
スペイン在住画家。 スペインに住んでいた頃、時々アトリエへ遊びにいきました。今も多分変わらぬ、飲んだくれ親父(?)ですが、カンテ(フラメンコの歌)の名手としても知られ、昨今はTV、雑誌、新聞でも取り上げられ一躍有名人になりました。 主要新聞に挿絵を描いたことでも知られる。昔も今も変わらず、人の良さが顔に表れています。 絵画のみならず、陶芸・舞台美術にも幅を広げている。 偶然、知人のレストランの壁が、彼の絵であることを発見。
豪快、そして自由人というのが彼のイメージ。
2014年にスペインの文民功労章。
ジョルディ・セラ スペイン国旗


       
最初の出会いは東京、後に スペインでも。
陶芸家・画家。 先代が確か、ピカソ ・ダリあたりとバルセロナのあるカフェに集まっていた画家仲間と聞く。3代に渡る芸術家ファミリー。その冠が付いた学校もバルセロナ郊外にある。現在、創作活動の傍ら、 自分の美術館も運営。 スピーチ上手!で、しかも日本人との接し方も心得ている。スペインのアトリエにも遊びに行ったことがあるが、作品もさることながら、彼の人間力に敬意を表したい。 ファミリー3代の作品は世界各地の美術館(バルセロナのほかにミラノ、メキシコ、ジュネーブ、デュッセルドルフ、ローザンヌ、ケルンなど)に収蔵。
画家 ラビンドラ・ダンクス
  
最初の出会いは銀座
英国人の画家ラビンドラ・ダンクスさん。 その昔、ビートルズのヨーロッパツアーに参加し、パリでディオンヌ・ワーウィック、トム・ジョーンズ等と共演したという異色のアーティスト。絵本も出版し、彼の作品は、パスネットにも採用された。
中村 卓夫   最初の出会いは多分 銀座和光
日本を感じる作品を発表しつづけている中村卓夫さん。
2009年のウェッジウッド創業250周年記念に向けて、ウェッジウッドから依頼され、メモリアル作品を創った中村さんは、ジャスパーの新たな表現・デザインを探求する日本の陶芸家でもあり、金沢の陶芸家 中村梅山を継ぐ。  土とともに、自然の流れに沿いながら生きることが、その手から生み出される作品に、現れています。 銀座の和光のギャラリーでも個展開催。

主な作品の所蔵先: メトロポリタン美術館(ニューヨーク)、金沢21世紀美術館etc.
竹邑 類 (たけむら るい)
出会いは表参道。
本業は、演出家。ミュージカル演劇などで活躍。 青山のギャラリーエスで、「無垢なる快楽ー花のある気持ち」展 で絵画発表。
鈴木 修一
最初の出会いは東京、後に浜松でも。
版画家。 国展正会員。 1987〜2006年国画会展(1989、91、92、2000年受賞)。1991〜95年札幌国際現代版画展(1991年受賞)。1992〜94年日仏現代美術展(1992年大賞受賞)。1995〜97年川上澄生木版画大賞(1995、96年準大賞)。海外国際版画展:クラコウ・ノルウェー・チェコ・ROC・ベオグラード・カナダ、他。国内版画展:高知・CWAC・神戸・大阪・青森・長野・静岡、他。モノクロと幾何学が印象に残る。
共通点は、共に、鰻が好きなこと。
古川 通泰(みちやす)
出会いは銀座1丁目
富山にアトリエ。紺綬褒章受賞。ベルリン日独センター含め、各地で個展。 収蔵/グッゲンハイム美術館、ロシア日本大使館、イタリア日本大使館。 40歳を過ぎてから本格的に絵に取組んだそうで、最初の海外はスペインを中心に放浪したとのことで、南スペインのお話で盛り上がりました。
神津 善之介(こうづ よしのすけ)
 スペイン国旗
出会いは銀座3丁目
92年、スペインのトレンツ・リャド氏に師事。
スペインを拠点に活動中の日本人洋画家。父に神津善行、母に中村メイコを持つ。
マジョルカのバルセロ財団主催国際絵画展、大賞受賞。
当初マジョルカ島、現在は マドリード在住。
北川フラム  出会いは代官山
日本を代表するアートディレクター (アートフロントギャラリー代表取締役会長、新潟美術館館長)とも呼ばれる。
今や引っ張りだこの北川さん、多分、最初にお目にかかったのは、ガウディ展がらみではないかと思う。それから時を経て、新潟に立ち寄った時、ある田舎道でまさに偶然、彼が総合ディレクターを務め、、ふるさとイベント大賞グランプリ(総務大臣表彰)を受賞した「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に遭遇。
他、「水都大阪2009」プロデューサー、2010年夏「瀬戸内国際芸術祭」も手がけ、2013年2回目の開催。
フランス共和国政府より2003年芸術文化勲章シュヴァリエを受勲。
2006 年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)受賞。
2007 年度国際交流奨励賞・文化芸術交流賞受賞。
  ■作家     
山村 美紗
言わずもがな ミステリーの女王。 出会いはフィリピン、ダンスまで踊る。京都をこよなく愛してやまずという人でした。   次の執筆のときには、文中に 私のこと、かっこよくキャスティングしてくれると言っていたのですが・・・ その後のミステリーかな。 その時は、ゴルゴ13のように取り上げてくれるのかと勝手に想像してました。
山村さんからの、今となってはお宝となった、年賀状も左に掲載。
逢阪 剛
直木賞作家。 大スペインファン。
元日本推理作家協会理事長。第1回「ちよだ文学賞」選考委員。
 「暗殺者グラナダに死す」オール讀物推理小説新人賞。
 「カディスの赤い星」第96回直木賞・第40回日本推理作家協会賞。 他受賞多数。

何年ぶりでしょうか、千代田区五番町で偶然会ったので、少しお話しした。全然昔と変わらず。 最近、百舌シリーズ(原作)もTV放映されたりで益々忙しそう。
小山内 美江子 出会いは目黒駅ビル最上階
「3年B組金八先生」などの脚本家。他、大河ドラマ 『 徳川家康 』『 翔ぶが如く 』など。国境越えボランティア活動にも力を入れてきました。
友人主催のパーティーで紹介していただき、カンボジアのお話などしました。
玉村 豊男   

出会いは椿山荘東京
里山ライフの実践者。
東京都杉並区生まれ。通訳、翻訳業をへて、文筆業へ。現在はというと、エッセイスト・画家・ワイナリーオーナー 。 TVで見たままのお人柄。長野県東御市在住。農園、ワイナリー、カフェのある「ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー」を経営しながら、農園主としても活躍中。 生活観光を提唱。
元気一杯の人生の見本。
共通点は、本人から直接聞いたのですが、共に花粉症に悩むこと。

佐伯 泰英   今や超売れっ子の佐伯さん。
当初、闘牛の写真集も国際スパイ小説も売れなかったと聞く。食い詰めていた56歳の時、旧知の編集者に「官能小説か時代物しかない」と諭され、時代小説で花開く。 文学賞や書評の対象になりにくい文庫書き下ろしにこだわってきた結果、累計1500万部超。。彼のシリーズの一作がNHKで始まる。そういえば、かつてはスペインとも縁があり、一人娘はスペイン生まれ。
 年に15冊書き下ろすという、ひぇー
Laura García-Lorca de los Ríos スペイン国旗

上写真はフェデリコ 
Presidenta (Fundación Federico García Lorca)
フェデリコ・ガルシア・ロルカ財団 理事長  →苗字が示すように姪です。
※フェデリコ・ガルシア・ロルカ/Federico Garcia Lorca(1898- 1936)
スペインを代表する詩人、劇作家。音楽、絵画においても才能に恵まれ、画家サルバドール・ダリ、映画監督ルイス・ブニュエルらとともに20世紀を代表する文化人として知られる。リベラルな作品と言動のため、スペイン内戦の際に銃殺された。 ※

ラウラさんは、財団理事長として大変なミッションを背負っているでしょう。 既に来日4回。 なにが楽しみですか〜と尋ねたら、美術館・博物館訪問との答えが返ってきました。 おぞましい戦争の中で亡くなったおじさんの話になったとき、ふと涙目になっているのに気づき、女性の涙に弱い私は言葉に詰まってしまいました。
映画「ロルカ、暗殺の丘」をまた観ようかな。
  ■ジャーナリスト
★櫻井 よしこ  前から一度はお目にかかりたいと思っていた、ニュースキャスター草分けの櫻井さん。ベトナム生まれでハワイ大卒という珍しい組み合わせ。キャスターの王道を歩んでいますね。一見華奢、でもステキな笑顔の裏に、信念とバイタリティーを感じさせる国際人。
櫻井さんの醸しだすオーラに撃沈。
兼高 かおる
旅に目覚めた頃の憧れの人に会えるなんて。人生何があるかわかりませんね。 海外取材が多く、150カ国以上に渡航したことで知られる。神戸市に生まれ、父親はインド人。
TV”兼高かおる世界の旅”のレポートで有名。 1928年生まれなのにお元気で、笑顔をもらいました。 淡路ワールドパーク内に兼高かおる旅の資料館が開館し、名誉館長に就任。エコツーリズム推進協議会会長 ・日本旅行作家協会会長 ・学校法人トラベルジャーナル学園名誉校長。 紫綬褒章受章。
柴田  一良 皇室、また海外取材で活躍のフォト・ジャーナリスト。 日本写真家協会会員。 
ツール・ド・フランス、アイルランド、ワインなど詳しかったなー。

ツール・ド・フランスの取材で訪れた、ピレネーの山塊に抱かれたスペインのハカの町が忘れられない、との言葉が印象に強く残っています。
神尾 賢二 ジャーナリスト、翻訳家、映像作家
関係した本を見ると、素顔どおり社会派国際ジャーナリスト。 大阪に生を受け、早稲田政経で東京へ。 奥様とはフランスで知り合い、あの世代としては珍しく語学も達者、車も好き、映画制作に詳しく、まさしく、世界を股にかけてきた人。 奥多摩の別荘に泊まりに行ったのは懐かしい思い出。 鎌倉にも住んだ縁で、左の本、外人のための鎌倉本を書いたようです。 '09年5月海外へ居を移す。
昔、遊びに行った奥多摩のいろりがある別荘、懐かしい!
  ■俳優 (映画監督含む)
天本 英世 ロルカの詩の朗読でも有名。東大法学部中退ですが、風貌はとても似つかない。話題も豊富でおもしろかった。
ジュディ・オング 最初の出会いは、南青山?
台湾で生まれ、3歳で日本へ。後に日本国籍取得。

品があって明るく、またお話し上手で聞き上手、いつまで経っても魅力的だ。 本業は女優、更に舞台、TV、映画でも活躍。また歌手としても”魅せられて” は200万枚を超える大ヒット。5ヶ国語を話し、アジアでもチャリティー含め活動。32年のキャリアの版画の名匠としても知られ、日展で特選。芸能界で既に46年のキャリアとは恐れ入った。波乱万丈とは言えないかもしれないが、その裏では、2度の大病を乗り越える。
野球の王貞治らと並び、台湾ゆかり の日本での成功者 の1人とされる。
東日本大震災の支援活動にも尽力。 
油井 昌由樹
Yui Masayuki
いるだけで存在感のある人。アウトドアの先駆者であり、雑誌等の企画、編集、執筆、CF、テレビ、ビデオ作品の監督、イベントのブロデュース、また、俳優として黒澤 明作品を中心に出演。 それ以外にバーも経営。
神 太郎 (Jin Taro) 出会いは、東京・新富町。
俳優。 また、番組レポーター・司会者・CMナレーションの分野でも活躍。最近は食レポーターとしても有名な 神さん。出会いは、新富町の蛇の目本店。 芸能界の裏話から、宿、釣り、天然うなぎが食べられるところ、温泉場、食材の話まで、職柄なのか、お詳しい! 聞き入りました。 NHKには一言あるようでした (^0^*
中村メイコ
出会いは、銀座
女優・タレント・声優
夫は作曲家の神津善行、長女は作家の神津カンナ、次女は女優の神津はづき、長男は画家の神津善之介と芸能一家で知られている。
テレビ番組には戦前の実験放送の頃より出演しており、2008年には、NHK篤姫にも出演。
スペイン国旗 Isabel Coixet
イザベル・コイシェ
映画監督・脚本家。 
主な監督作品
あなたに言えなかったこと Cosas que nunca te dije (1996)
死ぬまでにしたい10のこと My Life Without Me (2003)
あなたになら言える秘密のこと La Vida secreta de las palabras (2005)
パリ、ジュテーム Paris, je t'aime (2006) 「バスティーユ(12区)」
エレジー Elegy (2008)ペネロペ・クルス主演
Map of the Sounds of Tokyo (2009) 菊地凛子主演
菊池凛子が イサベル監督を 大変スペシャルな人と評していた。
菊地 凛子
(きくち りんこ)
出会いは、千代田区5番町
ここ50年でアカデミー賞にノミネートした唯一の日本人女優。
やはり 映画バベルのイメージが一番か。
小倉 久寛
(おぐら ひさひろ)
出会いは、日本橋
俳優・声優・ナレーター
イメージは渋い、でもおちゃめな雰囲気を持つ俳優さん。こういうキャラの役者さんも必要ですよね。
 
   掛尾良夫
最初の出会いは千代田区3番町
かつて映画関連の仕事をお願いしたことがあり、その頃はよく会いました。40年以上映画に関わる、この道のプロ。 ”若い人たちと面白いことをしたい” と、あるインタビューで言ったとか。 びったりの言葉かも。

放送番組審議会副委員長
キネマ旬報編集長、キネマ旬報映画総合研究所所長、NHKサンダンス国際賞国際審査委員など歴任。
 
   温水洋一 
(ぬくみず よういち)
個性派俳優。
出会いはお台場・潮風公園。 
愛称、ぬっくん は、さんまに付けられたとか。
  ■音楽
Rod Stewart
ロッド・ステュワート
   
スコットランド出身の世界的ロック歌手 − ポップス音楽界の大御所 −。 出会いは、ニューヨーク。ニューヨークの友人の家に泊まっていて、シャワーを浴びて出てきたら、突然眼の前に、あのロッド・ステュワート。そりゃ、おったまげないほうが、おかしい。 深夜まで遊ぶ。一緒にいるとなぜかボディーガードになった気分に。 夜のお散歩で、ニューヨークの場末の公園へ。ブランコに乗ってふと気が付くと、円陣ができていた。 動物園のパンダを思い出した。
欧州チャンピオンズリーグを見ていたら、セルティック(当時、俊輔所属)の応援をしている彼が映っていた。サポーターの鏡!
カシオペア 最初の出会いは 高田馬場かな?
インスツルメンタルのバンドで一世を風靡。現在までに40枚近くのアルバムをリリース。 
フォト左端:リーダーの野呂一生(ギター)、隣が、向谷実 (キーボード)
阿木 燿子
Aki    Yoko
出会いは赤坂
作詞家・映画監督。小説・随筆も。「港のヨーコ・ヨコハマ」がヒット作。 ご主人は作曲家の宇崎竜童さん。10年間フラメンコにのめり込んだらしい。 ライフワークとして、近松門左衛門の作品とフラメンコを融合させたステージ 「Flamenco曽根崎心中」をプロデュース、上演を重ねている。’06年、紫綬褒章を受章。

お気に入りのスペイン語は、「ノー・パサ・ナーダ」(問題ない) とのこと。
初めてスペインを訪れたのが30年前、以来旅行やテレビ取材などで5回訪問。
原田 真二 出会いは六本木。
元アイドル歌手。’77年18歳で「てぃーんずぶるーす」でデビューチャート入り。松田聖子のプロデュースなどを経て、現在は、映画のテーマ曲を作ったり、校歌、そして、鎮守の森コンサート(環境チャリティー)と幅を広げている。
つのだ たかし 出会いは日本橋
メリージェーン大ヒットの歌手 ツノダ ヒロのお兄さん。古楽器バンド タブラトゥーラ主宰。  マネージメントを支える奥さんの感性もなかなかのもの。

1984年に結成、古楽器 (リュート、フィドル、リコーダー、ハンマーダルシマー、ビウエラetc.)を使ったオリジナル曲という世界でも類を見ない独自の音楽スタイルを確立。海外でも、国際交流基金事業として、カナダ、エジプト、イタリア、オーストリア、インド、パキスタン、韓国などへ演奏旅行。
つのだたかしさんの演奏の合間のトークも楽しい。
東儀 秀樹 東儀家は奈良時代から1300年間雅楽を世襲してきた楽家。宮内庁楽部のときは、篳篥(ひちりき)を主に、琵琶、鼓類、舞、チェロなど担当。日本の伝統文化の紹介と国際親善の役割の一翼を担ってきた。一方、他分野とのコラボレーションにも意欲的。  ドライブで、彼のCD、 ファンタスティック!!
Lluis Sintes スペイン国旗
ルイス・シンテス
出会いは東京・府中
バリトン歌手。スペイン・メノルカ島マホン出身。スペイン・イタリア・オランダ・ベネズエラで「蝶々婦人」「ロメオとジュリエット」「フィガロの結婚」「こうもり」「ランメルモールのルチア」「トスカ」「カルメン」などに出演。メノルカは私が大好きな島です。 中心都市マホンの名は、マヨネーズの語源なんですよ。
Juan Gallego-Coín スペイン国旗
フアン・ガジェゴ・コイン
出会いは、江戸川区船堀
スペインの有望な若手作曲家・ピアニスト。ピアノの詩人と呼ばれる。
「雄大な朝焼け、噴水のきらめき
街のにぎわいと古都グラナダ・アルバイシンの小径
ジャスミンの甘い香りに包まれた濃密な夜の大気・・・
そのエッセンスを表現の限りにおいてピアノから紡ぎだす
詩的エレガンスと熱きロマンセ」

※女優の卵の妹さん(携帯で撮った左の写真)が、たまたま隣でずーっと一緒。結構話もした、が、その間、心臓はどきどきしっぱなし 
ヽ(^。^)丿
Pascal Venturelli
パスカル
シャンソン シンガー。 フランス サントロペ出身。イタリア系の父とフランス人の母を持つ。また、20世紀初めにパリなどの街角で見られたストリートオルガン奏者でもある。南仏コートダジュールなどのライブハウスを中心に活動する傍ら、地中海クラブで数々の著明なミュージシャン(エンリコ・マシアス、ナイロンズ、スタンゲッツなど)の企画も手掛けた。シャンソンを始めとして、ジャズ、ポップスと幅広いレパートリーを持ち、その個性ある声質には定評がある。1979年より11年間の地中海クラブでの活動を含め、世界を周って、最終的に活動の拠点を日本へ移したわけだが、自分の郷里 南仏以外で住むのに、また、居心地の良さという意味において最高なのは、日本と繰り返し言っていたことが印象に残る。 ライブ以外にも、TVCM、CMナレーション、作詞、MCの分野で活躍。
Jorge Diaz スペイン国旗
ホルヘ・ディアス

※スーサンの撮影/編集による カンツォーネを歌っている動画はこちら
700年前にできたスペイン最古の大学、サラマンカ大学とサンティアゴ・デ・コンポステラ大学にはすでに存在していたと言われている、スペイン伝統民族音楽の大学生たちによるグループバンド、”La Tuna"の日本における第一人者。 また、NHKのスペイン語講座出演、カネボウ「テスティモ」CMソング歌唱など、スペイン〜日本において幅広く活動、そのパワーは計り知れないものがあるし、肝っ玉の太さは群を抜いているような気がする、エンターテイナーだ。
2012年スペインレストラン経営(赤坂)にも進出。
TVサッカー番組でも時々ゲスト出演している。
Luiis Sartor アルゼンチン 国旗
ルイス・サルトール
1978年ケーナの巨匠アントニオ・パントーハの日本ツアーのメンバーとして来日。1985年、拠点を日本に移し、以来ラテン音楽の魅力を日本に広める。チャランゴ・マンドリン・ギター・キーボード・パーカッションを自由自在に操り、また、シンガーソングライターとしても多彩な才能を発揮。桑田佳祐が監督を務めた映画”稲村ジェーン”のサウンドトラック、オルケスタ・デ・ラ・ルスに楽曲を提供。 DJ、CMナレーション、など幅広く活躍。
ビリー・バンバン 出会いはお台場。
ビリー・バンバンのお兄さん、孝さん。 フォーク全盛時代に、♪白いブランコ♪大ヒット。お酒が入るとハチャメチャに楽しくなります。
楠木 勇有行 不朽の名作、映画 ”三匹の侍”に子役で出演。これまでに参加したCMソングは1000曲以上という、稀代のCMキング。その名前は知らずとも、彼の声を耳にしたことのない人はいないでしょう。 私が最も、記憶に残っているCM曲は、COCA COLAの”I feel Coke” でしょうか。 彼に直接編集録音してもらったテープは世でオンリー・ワンのもの。 現在はプロデューサーとして音楽に関わっており、SMAP、MISIA等のアーティストに楽曲提供するかたわら、新人アーティストのヴォーカルコーチ(EXILE ,嵐,KAT-TUN etc.)としても複数担当。そのソウルフルで日本人離れした歌唱力は、音楽業界内でも高い評価を得ている。
彼のヴォーカルアカデミー も発足。
そういえば、一度、瀬戸内海脇でゴルフをご一緒!
LUNA  (ルナ ) 出会いはお台場。
LUNA(ルナ、1980年5月24日 - )は、日本のヒップホップ、レゲエ(HIPHOP/REGGAE)歌手。 東京都品川区五反田出身。Mr.マリックのお嬢さん。 音楽を楽しんでる♪
志を高く保って頑張れー!
平尾 勇気 歌手。出会いはお台場。 東京在住だが、名古屋でクラブ経営。 作曲家 平尾 昌晃 さんの息子さん。
Emyli 幼児の頃から よ〜く知っているので成長が楽しみ♪♪
2003年6月、弱冠15歳でデビュー。音楽に深く関わる両親のもとに生まれたEmyliは、幼少期からアメリカンスクールに通い、3歳からバレエ、7歳からヒップホップ・ダンスを学び、11歳で本格的に歌い始めたという。好きな音楽はR&B。敬愛する歌手はダニー・ハサウェイ、アリシア・キーズ。 アメリカンスクール〜上智大学卒。 趣味は絵画、書道(5段)、読書。楽器はピアノとドラムをたしなむ。m-floのゲスト・ボーカリストとしてTVにも連続出演。また、インターFMのDJも経験。
Assy (芦沢みゆき)
最初の出会いは六本木
シンガーソングライター
『歌が無くては生きられない!』 という想いに共感。
六本木の旧スプラッシュでのグループ活動、新スプラッシュ、大江戸温泉物語、厚生年金会館、各ライブハウス、08年インターハイのイメージソングを発表、09年所沢ミューズ(中ホール)、10年数多くのライブ参加を経て、今後も夢に向かってチャレンジしていくという。彼女の前へ前へと いう行動力には脱帽。
濱田 滋郎    音楽評論家。 自称ギターの吟遊詩人。 いろいろなところの解説で名前に出会います。
佐藤亜美菜
AKB48
最初の出会いはお台場
押しも押されもせぬ人気のAKB48のメンバー。さぞかし、激烈な競争をくぐりぬけてきたのでしょう。
小さいときから目がぱっちり、この子は行く末は芸能界にと予想していましたが、そのとおりになりましたー。
深水 郁
(ふかみあや)

出会いは知人の個展会場(築地)。
九州大学卒業。オリジナル曲のピアノ弾き語りで活動の場を地元福岡から全国に拡げ、「コンテンポラリーわらべうた」とも言われている。
ピザハットのCM(ギャル曽根)、健康家族・伝統にんにく卵黄CMなどで注目を集める。絵も描くし、作詞作曲もと幅広い。
健康家族のCMは →こちら 
Mariachi Agave
マリアッチ・アガベ
出会いはお台場。
マリアッチの王様と名づける。
最近は毎年のように見て聴いてるが、上手い。 
メキシコ、そして ラテンアメリカのレパートリー広し。
Carlos Nuñez スペイン国旗
カルロス・ヌニェス
カルロス・ヌニェス  
出会いはお台場アクアシティ。
ケルト文化圏であるスペイン北西部ガリシア出身、1971年生。8才からガイタ(ガリシア地方のバグパイプ)を始める。
映画音楽にも積極的に取り組んでおり、アカデミー賞最優秀外国賞受賞のスペイン映画『海を飛ぶ夢』や、日本映画『星になった少年』、スタジオジブリのアニメ『ゲド戦記』などのサウンドトラックに参加。その独創性と激しく情熱的な演奏は高い評価を得ており、“バグパイプのジミー・ヘンドリクス"と絶賛。

2013年、日本スペイン交流400周年記念で再び来日公演を行う。
   
   高場将美(タカバマサミ)


出会いは千代田区五番町。ポピュラー&フォルクローレに関する、翻訳・雑誌編集・執筆・司会その他もろもろの仕事を経て今日に至る。 ギターは独習とか。
日本タンゴ・アカデミー副会長、パセオ・フラメンコ編集長。
   
   池川兄弟
出会いは千代田区五番町 
兄トシ、弟ヒロによる兄弟フラメンコギターデュオ。
活動の原点は、「すべての人に情熱と感動と元気を」と聞く。 いいねー。
   
鈴木麻由 シンガーソングライター
   鈴木 麻由
(すずき まゆ)
 鈴木麻由 シンガーソングライター ものまね番組出演元々、シンガーソングライターだったが、 ものまねタレントとして、TVで見かけることも多くなった。
振り返れば、2005年六本木の旧スプラッシュでの冒険団のライブに行ったのが、麻由さんに初めて会ったきっかけでしょうか。五臓六腑に染み渡る歌を届けながらも、冒険団は解散、各メンバー独自の道を歩く結果に。大江戸温泉での大忘年会、新宿厚生年金でのライブ、ストリートライブ、歯科助手、個人ライブ、と多種多様な経験を経て階段を上がってきた、頑張り屋さん。 
  ■TV関連
フランソワ−ズ・モレシャン
Françoise Morechand
フランス 出身のライフスタイルアドバイザー、 エッセイスト 、 ユネスコ 日本協会スペシャルアドバイザー。元 シャネル 美容部長。ソルボンヌ大学日本語学科を経て1958年初来日。
出会いはモルジブ。あのフランス語訛りのいつもの調子で。
小谷 真生子 出会いは六本木
ニュースキャスター (TV東京のWBSメインキャスターとして有名)
バーバラ寺岡
食・衣・和文化研究家。
ハンガリー生まれ。日本人の父とハンガリー人の母をもち、幼い頃より 外交官の父とともに世界各国で生活。西洋・東洋の文化に触れたことと、アトピー 性皮膚炎・ぜんそくなど様々な病気に悩まされた経験により、衣食住と風土の研究をするようになる。
梅本エグゼクティブ・プロデューサー ある企画提案のため訪問。
世界バリバリ★バリュー(せかいバリバリバリュー)は、TBS系列で2003年〜2008年まで放送していたトークショーを兼ねたクイズ番組。
小高 麻友美

☆吉本興業から異色のグラビアアイドルデビュー(木村政雄氏によるスカウト)☆桂三枝師匠直伝のギャグ(と言うかキャッチフレーズ)『むちむち☆むっち〜ん』で爆発的人気者☆セクシーアイドルとして、TV(バラエティ・ドラマ・ニュースキャスター)・RADIO(AM・FM)・写真集『むっち〜ん』(学研)・CM・映画などで 活躍!☆上京して女優に転向!TBS『独身生活』『ビューティフルライフ』CX『らせん』『ナースのお仕事3』『世にも奇妙な物語』『旬が好き!』  そして、CMなど多数出演!  ☆現在も、女優業だけにとどまらず、司会・バラエティ番組・ナレーター・エッセイスト・自社ライブ出演etc。  出会いは、六本木。
本人は 『感動』を伝えるのが、『天命』のエンターティナーと言う。東京広しといえど、彼女のキャラに匹敵する人はそうはいない。っていうか〜、 彼女の存在そのものが笑いを誘う。
Pepi Fernandez スペイン国旗
ペピー・フェルナンデス
マルチタレント

俳優・城田 優、ミュージシャン・城田 純の実母。

昔、スペイン人の知り合いから紹介されたことがあり、超元気というか威勢がいいというか、その記憶が強い。
「まるで、スペインの“おしん”だね」とも、評されている。 
最近は本もリリース、
2012年スペイン・バル『バモス・ペピー』(錦糸町店)開店。
  ■料理・食文化
田代 和久 東京青山(青山学院の横)の フランス料理人気店 ”ラ・ブランシュ”オーナー・シェフ。
出会いはニューカレドニア。
人間味溢れる大きな人柄が好感。
Manuel Benitoスペイン国旗
マヌエル・ベニート
Sabado Sabadete サバド・サバデテ (東京港区白金台)カタルーニャ地方などのスペイン家庭料理レストラン 元オーナーシェフ。宝石デザイナーから異業種参入。マヌエルさんが作るパエリャが人気。 日本生活長く、奥様も日本人。
Vicente Garcia スペイン国旗
ビセンテ・ガルシア
スペイン・地中海料理レストラン(東京・青山通り、青山学院至近) オーナー。 カジュアルな雰囲気で私のまわりでもファンが多い。スペインレストランの中では歴史が古く、オーナーは確か熱狂的サッカーファン。
毎週火曜日スペインの歌の夕べ あり。

稲本 健一

Zetton (ゼットン)社長。
公共施設・商業店舗開発事業の店舗数はそれぞれ12、24と、計36店舗になり、海外展開(オーストラリア)の第一歩も既に踏み出したそうだ。、「店づくりは街づくり」というのが基本理念。 
左の小さな写真は、徳川美術館に隣接する、ガーデンレストラン徳川園。
ダイナミックな企業の一例でしょう。
2009年には、新しくなった横浜マリンタワーの運営にも関わり、2012年には名古屋タワーに出店。
太陽楼 暁春
”太陽楼” 社主。
日本への1留学生が一念発起して平成3年に米国に会社設立、8年に日本に会社設立、今や直営16店舗を構え、更に全国主要地域へ展開しようと奮闘中。観光客来店数目標は150万人。今や飛ぶ鳥を落とす勢い・・・。 いっとき、ご縁がありまして、中小企業アドバイザーとしてお手伝いさせて頂きました。外から見て、たゆまぬ努力の人と思う。
太陽楼と言えばバイキング、バイキングと言えば太陽楼が、キャッチフレーズ。
彼の座右の銘が、人となりを語ります。

万巻の書を読み  万里の道を行き  万億長者になり  万人の友と交り  
万世に名を残す
村田 禮三(むらた れいぞう)
スペインレストラン 「西班牙市場(すぺいんいちば)」オーナーシェフ 
スペイン・パレンシアの料理コンテストで外国人初の特別賞授与、パエリヤコンテスト国際部門で3年連続優勝、直径15m のスペインオムレツを横浜ランドマークタワーにて調理世界新記録樹立、 これだけ並べただけでそのユニークさがわかるでしょう。”サグラダ・ファミリアが店内にそびえ立つパエリャの鬼才が造った万華鏡のごとき異空間”が埼玉県川越市に。 店内は自ら設計。
左の写真:5000人前のパエリア
 注)一人で食べられたらお代は無料?
松井 宏祐(ひろすけ)
スペインクラブ 及び スペインバル代表。
最初の店がスペインクラブ。かなり投資をして大きな倉庫をリノベーションし、スペイン空間を作る。 08年には イベリコ豚のしゃぶしゃぶの店までオープンしたと聞く。
今田美奈子 最初の出会いは、原宿
お菓子研究家。 探究心は見習おう。
 最初にお会いしたときは、原宿にいたときだが、現在は田園調布。 食卓芸術サロン 運営。フランス政府芸術文化勲章受賞、また、スイスやドイツの国立製菓学校会賞受賞。フランス サン・パキュス美食協会より美食大使の称号を得る。
日本ペンクラブ会員。

渡辺万里  料理研究家   出会いは目白
学習院大学法学部卒。学生時代にスペイン語を学んだのをきっかけとして、スペイン料理をライフワークとすることを決意。1989年、東京目白に「スペイン料理文化アカデミー」を開設。以来、東京とマドリードを半々に行き来しながら、執筆、後進の指導、講演などの活動に携わっている。  現在『NHKラジオスペイン語講座テキスト』にエッセイを連載する他、『料理王国』、『専門料理』などに随時執筆。スペインの著名なグルメ雑誌『GOURMETS』にも、日本からの情報を送る特別スタッフとして執筆陣に参加している。また、テレビ『今日の料理』出演などを通しても、日本でのスペイン料理の紹介に貢献している。
木村 方子(まさこ)
(キムタクの母)
リストランテ いな田
川崎市宮前区にある、イタリアン・レストランのオーナーというより、”キムタク”のおかあさん、と言ったほうが早い。 でも、この店も2009年10月には閉じ、今後は講演や、詩の朗読で早親の子育てを支援していきたいそうだ。
出会いは、六本木。。。
明比 淑子   シェリー酒研究家、エディター、ライター。 シェリー統制委員会日本代表。日本旅行作家協会会員。 そもそも、シェリー(英:Sherry、西:Jerez ヘレス)とは、スペイン南部アンダルシア地方カディス県の町ヘレス周辺だけで作られる酒精強化ワインで、世界三大フォーティファイドワイン(酒精強化酒)の1つとされる。 シェリーを飲むと高比重リポ蛋白(HDL)、いわゆる“善玉コレステロール”が増えるそうだ。シェリー専門の給仕はベネンシアドール。
Adolfo Muñoz スペイン国旗
アドルフォ・ムニョス
オーナー・シェフ  出会いはトレド
グウィネス・パルトロウの"Spain on the road" (左がその映像)を偶然見ていたら、スペインの古都トレドを代表するシェフとして番組で紹介され、カスティーリャ・イ・ラ・マンチャ地方の伝統料理を披露していたのが、なんとアドルフォでした。
出会いはトレド。更に東京の池袋でも会ったような。
真ん中が女優グウィネス、スペイン語の上手いこと! 左端がアドルフォ。
藤堂栄男 (とうどう さかお)
パティシエ   出会いは深川
子供同士が元同級生。 見た目も昔と変わらず若い!ネット上でカリスマ・パティシエと紹介されていた。  定番商品として チーズスフレお奨め。
ドイツ国立製菓学校で学ぶ。フランスをはじめ、ヨーロッパ各国で修行。銀座三笠会館洋菓子部シェフを経て、藤堂プランニングを設立、以後 新聞、雑誌、専門誌の各メディア連載をはじめる。 講師、顧問、 テレビCM等のケーキスタイリストや、洋菓子全般にわたる指導、 コンサルティング活動を活発に行っている。
住宅街の中に、アトリエマリア48 という直売の工房(東京・深川)あり。
・日本菓子専門学校講師 ・日本調理技術専門学校講師 ・企業用洋菓子コンサルティングプロデューサー  ・企業用各国菓子企画プロデューサー・ 企業顧問等
  ■建築
Joan Bassegoda i Nonell スペイン国旗
ジョアン・バセゴダ・ノネル
出会いは、スペイン・バルセロナ。
Prof. Dr. Arquitecto  バルセロナ工科大学建築学部名誉教授というより、建築家ガウディ研究の世界的権威として知られる。ガウディ研究室(Cátedra Gaudí) 所長。 ガウディの建造物は世界遺産として複数登録され、超有名。
河崎 隆雄 インテリアデザイナー/設計。コム・デ・ギャルソンの店舗設計で注目を集める。 彼の人生観がなかなかユニークなんですよ。 共鳴すること多々ありました。
森本 剛  出会いは東京・代々木。
ウィークエンドホームズ社 代表取締役 CEO の森本さん。
全面的に取材協力している、テレビ東京系「完成ドリームハウス」という番組が好きなので、掲載することに相成りました。現在は不定期の番組になりましたが、”匠の巧み”の建築家が毎回日替わりのように出てきて、随所に趣向を凝らした作品を披露、其々の建築家の”建築へのこだわり”が、それはそれはおもしろいのです。 
石井和紘
(いしい かずひろ)
出会いは 六本木。
建築家
東京大学大学院博士課程修了
作品は全国に。宮城県慶長使節船ミュージアム(東北建築賞受賞)も彼の設計。
  ■デザイン 
Javier Mariscal スペイン国旗
ハビエル・マリスカル
出会いは六本木
スペインの著名なマルチクリエーター。1992年バルセリナオリンピックのマスコット・キャラクター“コビー”をデザインして、海外でも知られる。
Adolfo Dominguez スペイン国旗
アドルフォ・ドミンゲス
出会いは地中海の名もある島。アパレル・ファッション小物などで有名。世界各地に彼の名のついた店舗あり。 そういえば、銀座のデザイン関係の会社の社長のお気に入りのブランドでした。
Joaquin Berao スペイン国旗
ホアキン・ベラオ
 
ジュエリー・デザイナー。 海外にも彼の名が付いた店がある。独特のデザイン・フォルムで知られる。
真鍋 太郎  イラストレーター/アーティスト。 以前、馬に凝っていたことは知ってましたが、スノボーのファンだったとは。。。
共通点は、共に馬に縁があること。
Indra Man Sunuwar
インドラ・マン・スヌワール
出会いは、青山
ネパール出身。アンティークビーズコレクター/ジュエリーデザイナー。
ネパールのスヌワール族の出身、彼らは昔から代々ネパールの王族のために銀で装飾品を作ってきた民族で、今もその伝統的技術を用いて様々なアクセサリーを製作している。
古屋 伸樹
街のデザイナー
デザインの範疇にはおさまりきらない人。 最初の出会いは日本だが、スペインそしてイタリアでも。 スイス、イタリアのデザイン事務所勤務を経て、帰国後、自らの事務所を興し、現在に至る。 東京都:歴史と文化の散歩道整備事業など散歩道関連のルート設定、サイン計画、環境整備等の計画及び設計、広島県瀬戸田町シトラスパーク整備事業などの公園づくりの計画及び設計、雲仙天草国立公園自然体験フィールド整備計画などの観光開発関連の計画、家具の開発 など全国規模で参画。 大田区文化の森運営協議会委員。
高齢者に優しい街づくりを常に意識。 個人的に 
東京遊学散歩と称して新しい試みにもチャレンジ。 
高橋 正美

デザイナー    出会いは青山
グラフィック、パッケージ、ロゴ(表参道ヒルズ多目的スペース O(オー))、プロダクトと幅広い。 成田国際空港第一旅客ターミナルビル中央ビル新館の空間デザインは、ビッグ! また、ニューヨーク近代美術館(MoMA)で、造形美のみならず、誰にも使いやすいUDとして評価高い、”ラーメンフォーク”が人気爆発。11年前に作った点字カレンダーが、後にUD(ユニバーサルデザイン)の先駆けと評価され、小学校の社会科教科書にも載る。 東京下町出身の2児の母。
◎主な受賞歴
2003年NYADC特別優秀賞/2005年NYADC特別優秀賞/
D&AD GRAPHIC DESIGN部門2005年受賞/日本パッケージ大賞2003銀賞/
日本パッケージ大賞2005特別賞/2005年第1回「すみだ企業大賞2005」
手に持っていたバッグも個性抜群で、とてもユニークな方。

2012 開業の東京スカイツリー(634m)の天望シャトルに、桜や隅田川などをテーマにしたパネル設置。

   
   山口弘子
(ヤマグチヒロコ)
ダンス・ドレスデザイナー    出会いは、深川
かつてアトリエが門前仲町・木場界隈にあった頃、よくご自宅に遊びに寄っていた。
そういえば、当時よく英国での競技ダンスの大会のために出張していた記憶が鮮明に蘇る。

トップクラスプロダンサーにオーダーメイドドレス製作。
映画「Shall we dance?」のダンス衣装を全面的に製作担当し、2011年にはあのピンクレディーの衣装製作も手掛けている。
  ■巧みの職人・作家/美術工芸/アンティーク/
Joan Van Patten
出会いは米・オハイオ州クリーブランド。
明治中期から大正初期にかけて、日本の職人の手で造られた装飾陶磁器が米国を中心として諸外国へ数多く輸出され、当時の日本を考えると、これ程美しく豪華でかつ繊細なデザインが創造されていたとは驚きでもあり、今あらためて、その多彩さ、多様さが再評価されている。
現在逆輸入されており、言い換えれば、里帰り、と私は思っている。
現地ではNippon と呼称される、オールド・ノリタケに関する著述多し。
David H. Spain
出会いは、米・ペンシルバニア州ピッツバーグ。
Art Deco(アールデコ) Noritake の権威であり、またコレクター

※我が家にも少しオールド・ノリタケがある。アメリカまで行って、現地のオークションに参加、札を上げて直接買い付けたものだが、運営者の英語を追っかけるのに、つゆだく、いや、汗だく! 
田中 悦子  ステンドグラス作家。 出会いはスペイン。
ステンドグラス職人として 早20年。ステンドグラスに魅了され技法を学び、画家(これまた友人である=中野区繋がりというご縁も偶然か)であるご主人と二人三脚で 長崎にてステンドグラス無限工房を立ち上げ。
趣味で フラメンコギターやカホン(ペルー発祥の打楽器)を演奏
したりもする。スローライフを実践しているように見受けられるが、 ラテンのDNAを持つ熱き情熱の匠。
黒羽 志寿子
くろは しずこ  
出会いは青山
キルト作家
キルト暦30年。 独自の世界を築き、日本の布の魅力を世界に紹介する役目も果たす。ロバート・ジェームス氏所蔵の「絣帳」「冬の日本海」はネブラスカ大学キルト博物館に寄贈され永久保存。著書は30冊以上。
Luis Vallejo Garcia-Maurino
ルイス・バジェッホ
スペイン国旗
アルコベンダス盆栽美術館(スペイン)  館長
ルイス・バジェッホ造園スタジオ 代表
マドリード王立植物園の評議員だったかアドバイザーだったか、
皇太子殿下がスペインを訪問した際、王立植物園を案内したと私にコメント。
日本の伝統文化の紹介に寄与したことにより、 旭日双光章  勲章 受賞。
東京、埼玉、愛知県と一緒に廻りました。
竹山 浩   社団法人日本盆栽協会理事長。
大宮公園駅近くの芙蓉園2代目園主

※さいたま市北区盆栽町〜1923年の関東大震災を機に、東京の盆栽園主らが業者と愛好家のユートピアを目指し開拓した「盆栽村」が地名の由来とか。

※2010年、さいたま市大宮盆栽美術館がオープン
木村 正彦
社団法人日本盆栽協会 理事。 グラン・マエストロ。
加藤 初治
日本盆栽協同組合 常任相談役、世界盆栽友好連盟のコンサルタント
蔓青園(MANSEI-EN) 大宮盆栽村
蔓青園三代目園主・父・加藤三郎氏は日本盆栽協会顧問、世界盆栽友好連盟名誉会長を務め、盆栽文化の振興発展に尽力。

園内には推定樹齢2000年の真柏(しんぱく)をはじめ300鉢が並ぶ。
小林 国雄
春花園BONSAI美術館館長
はとバスのコースにもなっているそうです。
中野行山(なかのぎょうざん)
出会いは、愛知県常滑市。
盆栽鉢作家。  盆栽鉢づくり こだわりの40年 
  ↓メッセージ
盆栽鉢はそれだけで鑑賞されるものではなく、樹が植えられて初めて評価されます。樹とともに棚上で培養され、風雪や炎天下といった過酷な状況にも耐えうる品質が備わっていなければなりません。芸術性だけではなく実用性も問われます。また、長く使われることで自然の風化によって味わいが増していきます。つまり、それだけ長く使っていただける鉢を作らねばならないのです。土と焼きの調和。この両者が一番良い状態で焼成される事が大切です。上っ面のきれいなものだけを作っていてはすぐに飽きられてしまいます。 これからも自分が良いと思える鉢をあくせくすることなく、マイペースで作り続けて行きたい。
鮫島貴子  
鍛金アーティスト

自分自身の創作活動の他、注文によるオブジェなどの制作、ものづくり教室(鍛金・彫金)を行っている。 東京・大塚にアトリエ。
現在、週末田舎暮らし実践中。

”若大将のゆうゆう散歩” で加山雄三が工房訪問し、鍛金体験
木田俊一 出会いは青山
染め摺り師

フランスパリにて「染め摺りの世界」個展など。
日本古来の[和紙]と最先端のデジタルテクノロジーとの融合である-somezuri- 
写真の世界が身近になった。

左:和紙を使った展示会ディスプレイ
  ■ファッション
大内 順子   出会いは六本木
ファッション評論家。 40年間 パリ・コレを見ている。

「フランス芸術文化勲章 オフィシエ」 を受勲ほか、受賞暦多数。
えび ちかこ
出会いは、スペイン/地中海の島、メノルカ島
ファッション小物で有名な イマック(1968年、パリに渡った奥谷厚元社長とデザイナーの妻・えびさんが立ち上げたブランド)のデザイナー えびさん。
2回ほどスペインへ同行する機会があり、人と也を知ることができました。パリで10年にわたりファッションデザインに携わり、その後東京・渋谷にデザイン企画会社設立。何回かファッションに関連する、パリで収集した私的コレクションを見せていただいたことがあります。  
比嘉 京子
(ひが)
出会いは青山
NICOLEのファッションデザイナー
映画「東京タワー」にて日本のデザイナーとしては初の衣装監修で参加
「TIME」誌の特集「cool Japan」に日本人デザイナーとして選ばれる。
陶芸作家としても活動開始。
コシノジュンコ ファッションデザイナーとして活躍。 出会ったのは六本木でのパーティーで。
1966年、東京・青山にブティック「COLETTE」をオープン。1978年にパリ・コレクション初参加。1985年、北京で中国最大のファッションショーを開催。1990年には日本人初のショーをベトナムで、また1996年にはキューバで外国人デザイナーとしては世界初のショーを開催して話題。2009年には、ミャンマーで著名外国人デザイナーによる初めてのファッションショーを開催。
衣装デザイン・プロデュース、ユニフォーム、インテリアデザインまで活動は幅広い。
YOKOSO!JAPAN大使、2010年上海万博大使に任命される。
  ■人間国宝
中村  芝翫 (しかん)
人間国宝!   出会いは、 赤坂エクセルホテル東急
歌舞伎俳優。 次男は中村橋之助 (夫人は三田寛子で、3人の息子全員が歌舞伎俳優としての道を歩みだしている)。 長男は九代目中村福助。また長女・好江の夫が十八代目中村勘三郎
中村橋之助さん、八代目芝翫を襲名へ
  ■伝統芸能  落語・将棋・囲碁・講談  etc.
瀧川 鯉昇(たきがわ りしょう)
元の亭号=春風亭 鯉昇 (山下秀雄)  落語芸術協会所属。
明大卒後、”食えないと承知で”入門。60過ぎて良くなると言われる商売らしい。
「NHK新人落語コンクール」最優秀賞、「国立演芸場花形若手落語会」金賞、「第5会国立演芸場若手落語会金賞銀賞の集い」大賞、「にっかん飛切落語会」若手落語家奨励賞 、「文化庁主催51回芸術祭」優秀賞などなど受賞。

ゆったりとした間が心地よい
浜松市やらまいか大使 も拝命。
 で、毎月のように浜松に呼ばれているそうだ。
桂ひな太郎   出会いは新宿
桂ひな太郎師匠
主に東京4箇所(新宿・浅草など)で公演。 国立演芸場主宰花形演芸大賞受賞etc.
島 朗      出会いは青山
日本将棋連盟前理事。 棋士9段。 初代竜王。

若手との研究会や、パソコンによるデータ管理など、将棋界に新風を吹き込む。また、和服で臨むのが常識だったタイトル戦にブランド物(アルマーニ)のスーツで現れ、マスコミを賑わせたこともある。
坂東 香菜子

出会いは青山
日本将棋連盟 女流棋士
テレビ番組「クイズ!ヘキサゴン」に出演するなど、女流棋士としての他、タレント的活動も始めている。
田辺 一凛
(たなべ いちりん)
出会いは青山
講談師
田辺一鶴に入門 。結婚式での馴れ初め講談など、テーマにあわせてオリジナル講談も作るし、展示会などでの「講談調MC」なども引き受けるそうです。
  ■冒険家
Miguel de la Cuadra-Salcedoスペイン国旗
世界的に有名なスペインの冒険家、またレポーター。 
出会いは 南米ペルー。冒険家の人とは、話しが止まるということはありません。
器の大きさに感銘。夢を語るときの眼が輝いている。
風間 深志  出会いはお台場。
日本の冒険家。オートバイによる史上初の北極点・南極点到達、エベレスト挑戦時の世界最高高度記録(6,005m)など3つの世界記録を持つ。 冒険の原点は'80年にキリマンジャロ【5895m)にバイクで挑んだこと。 ’82年にはパリダカ2輪500ccクラス入賞。'07年には、3年ぶりに冒険ライダーとして復帰し、WHO世界キャンペーン親善大使として、4年をかけて、250ccスクーターや電動アシスト自転車で日本と5大陸6万6千キロを走破(2010年)。04年のパリダカでのトラックとの正面衝突による1年の入院、13回の手術、560針縫うという大怪我を見事に乗り越え、夢を追ってます。

次はエベレスト登頂にチャレンジ。
自然を学ぶ学校「地球元気村」主宰。
  ■スポーツ
浅尾 美和 出会いはお台場。
ビーチバレーの妖精とも呼ばれる。
夏季五輪種目の女子選手としては一番のCM女王

2009年5月、JVBツアー・第2戦東京オープン(左の写真=お台場ビーチ)悲願の初優勝を逃すも 準V。

アイドルからスーパーアスリートへ・・・

握手の後、しばらく手を洗うのをためらいました (○゜ε^○)
そんなアスリートも2012で現役引退。
遠藤 征四郎  出会いは門前仲町
合気会本部道場師範として指導を始めて約40年のキャリア(学習院大学卒)。合気道8段。国内の合気道組織、企業、大学等にて指導。更に、海外でもフランス、スウェーデン、フィンランド、リヒテンシュタイン、スイス、オーストリア、スペイン、ドイツ、チェコ、スロバキア、ロシア、アメリカ、カナダ、ベルギー、オランダ、トルコ、中国で指導し、海外での評価も高い。また日本の合気道の紹介と普及に貢献している。 家族が習いに通っていた縁で知り合う。一見華奢、私と話しているときの表情は温和、しかし、稽古のときの姿に一分の隙もない。
ジャイアント馬場 プロレスラー。 十六文キックだー。大きな手の感触・・・
Ruy Goncalves Ramos
ラモス・ルイ
ドーハの悲劇といえば、もちろんサッカーの話。当時悔しくて悔しくて。ラモスは日本リーグ時代から、日本のサッカーを支えてきました。  TV同様、毒舌、と見られがちですが、ストレートなラモス節についリズムが合ってしまう。オーレ・サンバ!
裸足に靴が似合うラモスさん、いつもダンディーですね〜〜

対面でブラジル料理を食べながら、幾つになってもかっこよく、 と思った。
戸張 捷     ゴルフ評論家出会いは茨城県。 茨城の新ゴルフ場オープン前のパーティーで、あの渋い声とご対面。
Kenny Roberts Jr.
ケニー・ロバーツ・ジュニア
出会いは、栃木県 芳賀郡 茂木 町ツインリンクもてぎ
アメリカ出身のオートバイ・ロードレースライダー。2000年ロードレース世界選手権GP500チャンピオン。左の写真は、最高峰500ccのチャンプ本人からゲットしたもの。
ラッキーにも、特別なパスを頂き、ピットまで入ることができました。
Carlos Checa スペイン国旗
カルロス・チェカ
出会いは茂木。 スペイン出身のモーターサイクル・ロードレースライダー。本人からの情報ではないのですが、おじさんが現スペイン国王って本当?2008年よりMotoGPからスーパーバイク(SBK)に戦いの場を移しているそうだ。 趣味は冒険的なスポーツ、例えばスカイダイビング、氷壁登山などが好きらしい。
菊地 幸雄

富士山麓の「紅葉台木曽馬牧場」代表 出会いは富士の裾野
木曽系乗用馬の保存、育成を目的に設立。富士山北麓の国立公園内で紅葉台のすぐ下に位置し、 "トレッキング" 主体の "外乗牧場/観光牧場” 。乗用和種はおとなしく、また、足下がしっかりしており持久力もあるので外乗には非常に適している。この木曽馬や北海道和種で樹海や三湖台(ここからの景色は雄大!)等の大自然の中でのトレッキングを楽しめるし、樹海コースは以前よく行ったコース。でも置いてきぼりにされないようにね〜。(笑)  ここがユニークだなーと思うのは、和式馬術の探求に努め、流鏑馬神事奉納など行っているということ、そして、障害者乗馬にも積極的に取り組んでいること。障害者の方の生き生きとした眼を見て、感動した思い出がある。お洒落度はないが、全て手作りなのは最高。代表のキャラもユニーク。
能城 律子                            何十年か前からの知人・尊敬する大先輩。 マルチな顔がありまして、国際ラリードライバー、ホテル内ベビールーム経営の世界のパイオニア、文筆及び講演など。  また、国際ボランティアの実績も豊富。
私は、勝手ながら、「
”余命三年”の宣告をのりこえ苛酷なラリーにいのちを燃やす愛と勇気と挑戦の人生」 と思っています。
                        
懐の深〜いお方です。 夢は、 1.月に立つ 2.水素カーで日本横断 3.クルマで、パリから北極経由ニューヨーク行き。 こころの元気さに脱帽。。。  
醸し出されるオーラに酔います。
清水 秀彦 出会いはお台場
サッカー解説者、元 横浜Fマリノス・ベガルタ仙台監督。
1997年のワールドカップフランス大会アジア第3代表決定戦・イラン戦で解説を担当、岡野のゴールデンゴール(Vゴール)が決まった瞬間「やったー!!」と絶叫したシーンは、彼。
Florent Dabadie
フローラン・ダバディー
出会いは有明。
フランス ・ パリ 出身の キャスター 、 ジャーナリスト 。
ぱっと思い出すのは、 あのトルシエの通訳として。 最近では テニス・グランドスラムの時にナビゲーターしている背の高〜い人といえばあの人しかいない。
テニスの練習してるときに、隣でスライス・サーブの練習していた。

日・英・仏・伊・スペイン語・ポルトガル語・韓国語を操る。
スペイン語も上手ですねーと言ったら、いえいえと謙遜していたが、日韓W杯当時より日本語力も断然UP. すばらしいの一言。
   
  Martina Navratilova
マルチナ・ナブラチロワ
出会いは有明。 
チェコスロバキア(当時、現在チェコ共和国)プラハ出身の女子プロテニス選手。
70年代後半から80年代にかけて無類の強さを誇ったイメージが今も強く残る。
テニスの聖地有明で、 スイスの次代を担う若手有望株べリンダ・ベンチッチ、また、かつて一世を風靡したマルチナ・ヒンギスと一緒にいるところ、握手。 感動しました。
ボレーの説明もありましたがさすがテニスの元女王、技術論の説明秀逸。
ウィンブルドン選手権の大会史上最多優勝記録(9勝)、WTAツアーの最多優勝記録(シングルス167勝、ダブルス177勝)など、数々の歴史的な記録を樹立。4大大会シングルス通算「18勝」はライバルのクリス・エバートと並ぶ女子歴代4位タイ記録。左利きの選手で、ネット・プレーが得意。
   
  野地 竜太(のじ・りゅうた)  出会いはお台場

日本の空手家、キックボクサー、総合格闘家。
  ■舞踊
小松原 庸子
小松原舞踊団、研究所主宰。フラメンコのパイオニアの一人。アーティストの感性と情熱は人一倍。 スペイン政府より"イサベル・ラ・カトリカ勲章"を日本女性で初めて受勲。またアンダルシア州政府より「金の記章」、日本では紫綬褒章、文化庁舞踊部門芸術大賞、旭日小綬章など受賞。
(お兄さんは、二枚目スターとして多くの映画に主演した菅原 謙次さん)
小島 章司    日本フラメンコ協会理事長。
フラメンコ界ではつとに有名。フラメンコ舞踊の一線で活躍、啓発・普及に貢献。スペイン国王よりイサベル女王勲章オフィシャル十字勲章、日本では、 芸術選奨文部大臣賞、紫綬褒章 など受賞。 徳島県牟岐町名誉町民。08年舞踊批評家協会賞。
09年 文化功労者に選ばれる(御年70歳)。

石井 智子 5歳からバレー、9歳からフラメンコも共に学ぶ。
舞踊批評家協会新人賞受賞。 次代を担う舞踊家。
TVにも出演多数。 写真より、実物は更に華がある・・・
Eva Yerbabuenaスペイン国旗
エバ・ジェルバブエナ
バイラオーラ、振付師
出会いは渋谷オーチャードホール。 スペインでも最も有名なフラメンコ・ダンサーの一人、ドイツ生まれ。ハビエル・バロン、メルチェ・エスメラルダ、マノレテ、ホアキン・コルテス、ラファエル・アマルゴ、エル・グイト等のビックアーティストとも共演。またバリシニコフのようにクラシックや現代舞踊の巨匠たちとも舞台を共にしている。その後自分の舞踊団を結成、パリ市立劇場、ヴッパータル歌劇場(ドイツ)、タンペレ・フラメンコ・フェスティバル(フィンランド)、モン・ド・マルサン・フェスティバル(フランス)、ハノーバー万博、メキシコのパラシオ・デ・ベージャス・アルテス等世界各地で成功を収めた。映画「フラメンコ・ウーマン」(1997)、「ホテル」(2001)にも出演。 ダンス国家賞を演技部門で受賞。
2012年 日本で封切の映画、「フラメンコ・フラメンコ」 (名匠カルロス・サウラ監督)に現代フラメンコ界のトップアーティストの1人として出演。
   
  ANTONIO ALONSO スペイン国旗
アントニオ・アロンソ
舞踊家・振付家マドリードに生まれる。
  ■  
高橋 政巳
書家、刻字家・・・ 漢字の語源を研究し、古代文字を書や刻字にしたためている“樂篆家(らくてんか)”。著書 「感じの漢字」。篆書を始めとする書を通じ、文字の持つ素晴らしい歴史的意味や美しさの伝承に幅広い活躍。漢字の源である象形・甲骨・周時代の金文等を租形として、独自にデフォルメされたその創作的書体は、現代の漢字にはない新鮮さと、人々を魅了する独特の美しさがある。
本場の喜多方ラーメンまでご馳走になる。
佐川信子
Norah Nobuko Sagawa


最も気高い人は最も敬虔な人である
アラビア書道家(アラビア語カリグラフィー)・和光大学講師  

出会いはエジプト。
アラビア文字に魅せられて30年、日本の女性アラビア書家の第一人者。 直線と曲線、躍動と静謐が織りなす不思議な世界に惹かれ、(シリア)ダマスカスへ留学し書家の門を叩いたそうだ。


左:作品
「簡潔明瞭が良いことばである」植物模様
  ■占い etc
ムーンプリンセス・妃弥子

出会いは青山
日本における西洋占星術ルネ・ワタナベ氏の後継者。フジテレビのめざましTV出演をはじめ、西洋占星術や月占術などの著作執筆。
ご親切にも個人的に占ってくれましたが、占いの結果? それは、ヒ・ミ・ツ!
宮城 悟  (みやぎさとる)
国際心相科学協会会長、心相カウンセラー学院代表。
人間の行動法則に興味を抱き、数字と色から自分の知りたい情報を知る、まったく新しい「心相科学」を、30年に亘る研究の末に確立。その理論から、運気(リズム)や相性などの相関原理を解明し、人間に備わっている潜在的な能力の発見と強化を見据えた独自の行動プログラムを開発、実践指導し、注目される。
 
  ■国際交流
マリ・クリスティーヌ
Mari Christine
司会を含め、職業を一言で言うのは難。どこかでは異文化コミュニケーターと紹介されていた。この肩書きは(エド・はるみ風に)グゥ〜! 上智大学→東京工業大学大学院修士課程修了(社会工学)。国際会議や式典の司会、講演活動などで活躍。AWC(アジアの女性と子どもネットワーク)代表、国連人間居住センター(ハビタット)親善大使、2005年愛知万博の広報プロデューサーなどを務める。東京農業大学客員教授。三百余年の伝統を持つ葉山の老舗、日影茶屋に嫁いだと記憶している。 著書多数。 国際交流に更に貢献してください。
皆川 清
最初の出会いはホテルオークラ
国際ロータリークラブ ”ガバナー”
岩手県出身。 名誉あるガバナー(2001-2002)として国内外で多大な貢献。 会う時はまずはホテルオークラから出発。 見るからにどうどうとしているし、髪型は寸分の狂いもない、独特のユーモアのある方。

【余談ですが、東京・文京区にやはりロータリークラブのメンバーで東ヶ崎さんという私の知人がおり、その方の親戚の同姓・東ヶ崎さんは、欧米人以外では初の国際ロータリークラブ会長でした。】
三井 優  
テレビの構成作家から映画脚本の世界にはいった。デビュー作は『マッハ78 』。以降、日活ロマンポルノ作品で活躍し、その後、劇画シナリオ、ドキュメンタリー、舞台の戯曲なども手がけている。 そんな三井さんがなんの因果か、日本で余り知られてないミャンマーに! ミャンマー映画祭実行委員会をひとりで立ち上げ、ボランティアの協力も得ながら、まだまだ小規模であるものの映画祭を催行。
お釈迦さんや経典の内容をドラマ化した劇画の脚本『釈尊伝3部作、弟子たちのシリーズ』も書いている三井さん、お釈迦さまと誕生日が同じとはなんたるご縁。

2012年12月、ミャンマー映画協会ワークショップ(in ヤンゴン)に招待される。
2013,  2014, 2015, 2016  渡緬。
  ■その他
京都 車折神社 渡部敬
最初の出会いは東京、 後、京都でも。
ご子息が宮司。渡部さんは神社を守りながら、海外にも目を向けており、お年を感じさせない元気なオーラを放っております。鎌倉時代初期、当時の天皇の御車が石に乗り上げ、轅(かなえ)が折れたとのことから車折大明神の号と正一位を贈られたという由緒ある神社。芸能の神様として、また、商売繁盛にご利益があることで知られる。京都市右京区。
橋本 浩 
趣味が高じてなのか、自社レーベル(Multi Vibration)立ち上げる。ユニットの名は、”橋本ひろしと冒険団”。演歌のようであり、フォークのようであり、まあ新J.ポップスということで。プロデューサーは、X-JAPAN、L'Arc-en-Ciel、ゴスペラーズ、小柳ゆきなどを手がけてきた吉田晴彦さん。実は本業は、キョウデングループ゚の総帥であり、 大江戸温泉物語の経営とも関係が深い。 TVカンブリア宮殿にも出演し、異端の剛腕再建人とも言われる。
【金言(1)】  一番儲かるビジネスは一番競争が激しい
【金言(2)】 キライなものこそ商売繁盛
【金言(3)】 仕事に夢中なとき寂しさを忘れられる
新井 英夫 文化財保存の専門家。出会いは、エジプトのカイロ。 街の喧騒をしばし忘れ、ナイル河畔のホテルでじっくり文化財関連のお話を聞くことができました。  地球の財産を守る、そして後世に引き継ぐという、大変意義ある活動と思います。
中村 幸昭   出会いは六本木
鳥羽水族館名誉館長、 鳥羽商工会議所会頭、みえの国観光大使。
佐藤 イサク
佐鳴予備校理事長。 小さいころよく遊んでもらった幼馴染(年上の)。年月を経て、学習塾では、10年連続業績全国一位の偉業。 最初たった2人の生徒でスタートし、 今や 12県346校を数え、生徒数4万人を超える。 新宿に総本社を築いたと聞いたときは、もうっびっくり! 感慨深かった。 受験にも幾度か失敗したり、決して順風満帆な人生ではなかったはず。でも、根性とリーダーシップは幼児の頃からその片鱗はあった記憶。 全国から佐鳴予備校を見学に来る教育関係者は後を絶たない。
成せば成る、の見本みたいな人かな〜
畑山 光伸   出会いは六本木
日本中央競馬会(JRA)理事→常務
本部ビル役員フロアーで、いろいろ意見交換させていただきました。 スペインにいる私の友人から紹介されたのがきっかけ。


林屋 永吉   元ボリビア及びスペイン大使、スペイン関連学術団体 日本サラマンカ大学友の会会長。 今までに数十回お目にかかっていると思いますが、スペイン語文化圏に関する造詣深い、学者肌の元外交官というのが私のイメージ。 
下薗 惠子   出会いは、東京・世田谷区。
学校法人シモゾノ学園 国際動物専門学校理事長。動物が生きる喜びをかみしめることができる社会、人と動物が本当の意味で共存共栄できる社会を目指す愛犬家。
横田(今井) 佐知子 スペイン語会議通訳  上智大学外国語学部イスパニア語学科卒。
日本語/スペイン語の同時通訳・逐次通訳においては、大御所 or 第一人者と言っても、過言ではないでしょう。 帰国子女だからと言って、通訳のレベルが高いと言う訳ではありません。 相当難度の高いテーマまでそつなく対応する姿を幾度となく見てきました。 押し寄せる緊張感の中での どうどうとした、また、さらっとやり遂げてしまうパフォーマンスに感心。両陛下および首相南米歴訪報道官同行、 ラ米各国歴代大統領および閣僚・二国間経済委員会 等々 同時通訳、 本田宗一郎氏が委員長を務めた最後の国際会議 等々 同時通訳、 その他各種学術会議。
豊浦さん Jetro(ジェトロ)理事長、現在は日本貿易振興機構に組織変更。 半日ご一緒させて頂きました。
丸山 隆司(まるやまたかし)
出会いは三重県
志摩スペイン村 (当時)社長。
日本の中のスペインといえば、ここだけ。 非日常の空間が広がる。
東京から、何回か 非日常を味わうため、遊びに行きました。
Fundación Joan Miróスペイン国旗 ジョアン・ミロ財団

バルセロナのミロ美術館運営。
財団のスタッフと、 日本/アジアにおける展望・展開について意見交換。
深町 貴子     園芸家
東京農大非常勤講師、 NHK「趣味の園芸 やさいの時間」出演
教え方がうまい!

ドクター・中松
出会いは サラリーマンの聖地、新橋。 経歴は半端なくスーパーですね。 米ニューズウィーク誌「世界の最高講演者12人」に選ばれる。直参旗本の家系で東京400年在住とか灯油ポンプフロッピーディスク、カラオケ、ファクシミリカテーテル、無線消化器体内検査装置、人工心臓燃料電池、頭の良くなる茶、フライングシューズなど発明件数3367件以上で、エジソンの1093件を抜き世界第1位を誇る。米科学学会で歴史上五大科学者に選ばれるってマジ?
米大統領トランプさんもかつて教え子だったことがあるとか。
紀藤正樹 (きとう まさき) 出会いは東京・日比谷
消費者問題、人権問題に強い、 社会派弁護士。 
テレビ多数出演。
  ■その他老舗/ブランド
Manuel Carrera スペイン国旗
マヌエル・カレラ
1885年創業。 スペイン王室御用達。 出会いは東京が先、後にスペインでも。
写真は女優のジャクリーヌ・ビセットさんと。スペインの彼の店でも日本でもお会いしましたが、 なんと このような立場の人は、世界のVIP・有名人と数多くお会いしていることでしょうか?!
世界5大ジュエリーの老舗として取り上げられたこともある、スペインのブランド”カレラ・イ・カレラ”の社長兼デザイナーのマヌエルさん、創業者ファミリーではあるものの、M&Aにより、今は自分の名を冠した別会社を興したようです。本人は飄々としているが、デザインは鋭い。
LOEWE 社長 スペイン国旗
ロエベ社長(当時)のウルボア さん。
since 1846 <皮革製品・アパレル> スペイン王室御用達。
Jesús Yanes Merchante スペイン国旗
ヘスス・ヤーネス・メルチャンテ社長
ヤーネス
since 1881 <宝飾品> スペイン王室御用達。
1906年、スペイン王国アルフォンソ8世の挙式に際し、24カラットのエメラルドとアメジストを使用した胸章と指輪のセットを製作するという栄誉を授かり、以来、ヨーロッパ各国で高い名声を得ている。
知り合い曰く、彼の自宅敷地は はんぱではないそうだ。
LLADRO 社長 スペイン国旗
リャドロ
since 1951 <磁器人形> スペイン王室御用達。
1950年代初め、『優しさあふれる世界を創造したい』という夢をポーセリンに託し、リヤドロ三兄弟はスペインの古都バレンシア近郊に小さな窯を築き、それが20〜21世紀を代表するポーセリン・ブランド、リヤドロの始まり。作品は世界中で高い評価を受け、ロシア・サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館、ベルギー・ブリュッセルの王立美術歴史博物館など名だたる美術館・博物館で常設展示または所蔵。

※スペインの本社を視察したときに入り口で撮った写真(ひえぇ〜、広大な敷地にびっくり!)
MASRIERA スペイン国旗
マリエラ  
since 1839 <七宝>  スペイン王室御用達。
ヨーロッパ各地の美術館に展示されるほどの逸品。スペインを訪れる国賓へは、よくプレゼントされる。皇后様が頂いた時に日本でも話題になった。
マリエラ七宝という半透明の七宝技術を用いて、ほぼすべてハンドメイドで製作され、その輝き、色使いと浮き彫り細工が特徴.
PEDRO DURAN 社長 スペイン国旗 デュラン
since 1886 <銀細工> スペイン王室御用達。
ヨーロッパにおいては、銀細工の発祥地はスペイン。
MAJORICA スペイン国旗
マジョリカ
since 1890  <マジョリカパール >
観光客には絶対人気のマジョリカ。 ドイツ人技師が最高の天然真珠と同じ美しさを持つ人工真珠の製造を考え、地中海に浮かぶ世界的リゾート地である、マジョルカ島のマナコールの町に研究工場を作ったのが始まり。40年後、この小さな町工場が世界で初めて、天然真珠と区別できないほどの真珠を最高の技術により創りだすことに成功。厳密な管理と優れた技術により、自然そのものである有機物を用いて自然の成しえる技を人工的に再現し、作られたのがマジョリカパール。 行きましたよ、この工場の中まで。
※左がその時の写真で、核 を 作る工程
ロイヤル九谷薩摩
山元 淳宏(あつひろ) 社長
出会いは六本木
1630年、薩摩藩の御用窯として山元金衛門により創立。20世紀に入り、石川県で陶器の製作、輸出業務開始。’74年迎賓館へ陶器類納入、’76年外務省依頼によりフォード大統領に贈答、’78年ワシントン日本大使館に照明器具製作、’93年平成天皇執務室ご用達、2003年トヨタ会館内迎賓館照明器具製作、他 宮内庁、国内主要ホテル、ベトナムのホテル日航etc.
福島屋 社長

文久元年(1861年)には既に菓子屋を営んでいたという記録が残る「福島家」。 寺田寅彦選集の中で、 ”巣鴨の福島屋で餅菓子をふんだんに仕入れて出掛け ・・・” と書かれている。
左の写真は 慶応3年(1867年)の和菓子の見本帖『御菓子雛型』(福島屋蔵)
文明堂 出会いは銀座
銀座文明堂の岡本社長。 文明堂と言えば、カステラ、カステラと言えば文明堂ですね。 明治33年(1900年)に長崎の地で創業。
伊場仙
吉田社長
伝統工芸品の老舗。
創業は天正18年(西暦1590年)
伊場仙は徳川家康と共に江戸に上がった浜松の商人、伊場屋勘左衛門によって創業。当時の屋号伊場屋は初代の出身地が遠州伊場村(現在の浜松市中区伊場町)であったことから名付けられたもの。


浮世絵の版元でもある。
木屋 (本店:日本橋) 出会いは日本橋
創業は天正元年(1571年)。木屋は刃物を中心に様々な生活の道具を提供。
中西 省三取締役


三重県伊勢市の、赤福

創業は、 江戸時代 1707年(宝永4年)
歴史を誇る 伊勢銘菓で有名。 名前は「赤心慶福」と言う言葉に由来するという。
左はふたデザイン
ミキモト
森田則行 社長
最初の出会いは港区、後、銀座界隈でも。
老舗宝飾ブランドのミキモト。
真珠の販売に関して世界一のシェア。 
そのミキモト9代目社長(初の生え抜き)。


写真>御木本真珠店(銀座) 1906年(明治39年)頃


財界は一部除く。


付録:番外編

触れたことのある 珍しいもの or コレクターグッズ/希少品  ---  Rare goods 
     
 @2006年以前まで日本にはいなかった、
世界最小品種の馬、純血ファラベラ

アルゼンチンから輸入
いっとき、我が家で飼おうかと思った
Falabella
 Aチャイコフスキーのピアノ
tchaikovsky's piano
  Bアポロ月着陸船イーグル
Apollo Lunar Module
C15世紀ダ・ビンチ原案の、紙と木と革でできた、ペーパーオルガンを実体験
paper organ
     
Dレアルマドリードのレジェンド、
ロベカルの サイン入りユニフォーム
genuine signature of "Roberto Carlos
Eスペイン王室から送られた、スペイン国王夫妻の直筆署名入り写真 Fブラジル代表キャプテン ” ドゥンガ” の直筆署名入り升
genuine signature of  "Dunga"
G


ボタンをクリックすると、最上部へ

HomePage